QNAPのOSを最新にしてみた。ドハマった(T_T)

QNAPは非常に良いソリューションである。それは認める。

で、最新のファームが出たので、NFSマウント系でうまく動かない事案があり、ファームのアップデート(4.3.3.0154 Build 20170413)を行ってみた。

このQNAPでは、Virtualization Stationで仮想サーバを立て、サービスを提供している。

そんな状況だが、ファームをアップデートした。するんじゃなかった・・・・

まず、一つ目のドハマリ。

QNAPはアップデート出来たが、Virtualization Stationが消えている。
そう、メニューから消えているのだ。

焦った。パニックである。ちょーパニック。当然、仮想サーバは立ち上がらないので、そこに載っているDNSサーバも上がらない。QNAPもDNS見えない。どこにも行けない状態。そして、いつまでも出てこないVS。
そして、解決方法も探せない。だって、DNSが死んでいるんだもの・・・・googleすら出てこない。

よくわからないが、QNAPのDNSをコマンドラインから(GUIでは変更できなかった)8.8.8.8にして(googleさんありがとう!)AppCenterを見ると、VSが「更新」となっている。

おい。それはしといてくれよ。死ぬかと思ったや無いの。

VSは無事更新され、ルック&フィールがかなり変わったインターフェースで仮想サーバ達を立ち上げることに成功。

と・こ・ろ・が・・・・・・

仮想サーバがよく落ちる。仮想サーバのログを見るも、ぷっつりとログが切れている。恐らく、突然の電源断。
物理サーバなら、突然電源が抜けた感じ。

何が起こったのかわからないが、やっと、現象が確認できた。

qemu-system-x86_64

が落ちてる・・・・落ちんなや・・・・・orz

前のファームではこんなこと一回も無かった。
間違いなくおかしい・・・・バグや無いの・・・これ・・・・

その後、決定的な二つ目のドハマリ事案が発生。
サーバの一つが立ち上がらない・・・・

おいおい。素晴らしいメッセージだな。おい。

Booting from Hard Disk…
Boot failed: not a bootable disk

No bootable device.

もう、キュンキュンしちゃいます。
アタマん中真っ白け。
恋に落ちましたね。

さて、どうやって復旧したろうかしら。

イメージファイルを他のバーチャルマシンに繋いでfdiskで中身を見るも・・・・

スライスが無い・・・・
おいおい。スライス無いとか、罰ゲームかよ・・・・
そもそも、どうやってスライス消えたんだよ・・・・

現在バックアップディスクからどうやってイメージを復活するか検討中。
少なくとも、QNAPのOSに致命的なバグがあるのは確実。
どうやって連絡して、どうやって対応して貰うのが良いのだろうか・・・・
まともなlogが見当たらないんだよなぁ。。。死ぬ・・・・orz


Comments are closed.